So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

安くオシャレに



韓国ファッションに興味はありますか?


最近よく耳にしますよね。

プチプラで販売しているサイトを
レビューブログからの情報 で知りました。


通販サイトfrem(フレム)っていうんですって。


みてみると オシャレ洋服が お安い価格でたくさんのっていました。



オシャレはしたいけれど 毎年はやりは変わるから
安いのがいい!!

高いのだと もったいない!!


って思っていたので うれしい^^

今なら新規会員登録ですぐに使える300円分のポイントプレゼント中なんだそうで
しかも 新商品を毎週大量に入荷しているそうですよ!!


国内配送、5250円以上のご注文送料無料というのもうれしいですよね。
送料って 高くってやんなっちゃうもの^^



興味があるかたは サイトをチェックしてみてね。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


nice!(0)  コメント(0) 

クヴォン・デ・ミニムとADDIXの共同プロジェクト『Gift is いいね.』



クヴォン・デ・ミニムとADDIXの共同プロジェクト『Gift is いいね.』
というのを教えていただきました^^


内容は・・・

クヴォン・デ・ミニムとADDIXの共同プロジェクト『Gift is いいね.』は、ADDIXの運営する共創プラットフォーム「Skets」内で公開されたプロジェクトです。「1万人の、まごころを添えた贈り物。」を目標とし、まごころギフトに関するイベントやコンテストを行っていく予定です。

【現在始動中の「Gift is いいね.」プロジェクト】
・「Gift is いいね.」プロジェクト ホワイトボックスコンテスト
本コンテストは参加確定後に届くホワイトボックスの白抜き部分に、思い出の写真や自作の絵、切り絵など自由にデコレーションをしていただき、クヴォン・デ・ミニムの対象商品と一緒に写真をご投稿いただくプロジェクトとなっております。写真をご投稿いただいた方の中から、クヴォン・デ・ミニムが特に共感した作品に最大賞金15万円をプレゼントいたします!

募集定員数:200 名
応募期間:2013/10/11 ~ 2013/12/01
詳細:https://www.skets.jp/job-informations/228

・~クヴォン・デ・ミニム プレゼンツ~ 『オンリーユーギフト is いいね!』
クヴォン・デ・ミニムのギフトボックスにメッセージを添えて大切な方へ贈っていただき、あなたのブログやSNSで一連の流れをご投稿いただくプロジェクトとなっております。誰に贈るか、パッケージへどんなメッセージを書こうか…贈る相手に合わせた『オンリーユー』なプレゼントを作成してください!参加頂いた方100名に クヴォン・デ・ミニムから特別なプレゼントをお送りいたします。

募集定員数:100名
応募期間:2013/09/05 ~ 2013/010/31
詳細:https://www.skets.jp/job-informations/210

【参考サイト】
共創(コ・クリエーション)プラットフォームサービス「Skets」
https://www.skets.jp/
クヴォン・デ・ミニム・ジャポン
http://www.minimes.co.jp


ですって^^


ぜひ参加したいですね^^


https://conecc.jp/f/6415.165

PR by conecc
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

JAL東北応援プロジェクト「行こう!東北へ みんなの気持ちを飛行機にのせて、一緒に東北へ飛び立とう! 」



「行こう!東北へ みんなの気持ちを飛行機にのせて、一緒に東北へ飛び立とう!」のご紹介です。


JAL東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」の一環として、
2013年10月31日までにご応募いただいた方全員(*)のFacebookアイコンを機体にプリントし、
その特別塗装機を東北を含む日本各地に就航させることで、「行こう!東北へ」の想いを全国に広げようという取り組みです(2013年12月就航予定)。

また、応募者の数に応じて桜の木を東北に寄贈するプログラムもあわせて実施するそうです。


(1) 参加者全員のFacebookアイコンが貼られた「特別塗装機」が東北へ飛び立ちます
特別塗装機のデザインに、本プロジェクト趣旨に賛同しご応募いただいた方々の「Facebookアイコン(プロフィール写真)」を使用いたします。みんなの「お顔」と「気持ち」をのせた「行こう!東北へ 特別塗装機」が日本各地を飛び回ることにより、被災地の観光と産業の振興につなげていきます。

(2) 参加者1,000名につき1本の桜の木を寄贈
Webサイトでの応募者1,000人ごとに「桜の木1本」を東北に寄贈するプログラムをあわせて実施します。津波によりほとんどの桜の木が流されてしまった宮城県女川町を、再び美しい桜に囲まれた町に戻すことを目的に結成された「女川桜守りの会」へ、桜の苗木をJALより寄贈する予定です。


ということで こういった取り組みは応援したくなりますね。


参加して 桜の木を少しでも増やせ得たらいいなーと
思いました。


みなさんも一緒に参加しませんか?


■「行こう!東北へ」特設サイト(応募はこちらから)
http://fbtohoku.jal.co.jp
※応募には、Facebookアカウントが必要です


PR by conecc

https://conecc.jp/f/6415.163
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。